2020ss


確実にもう21世紀に生きているんだな〜と思う。

デビューが2002年。
最近見つけた製作ノートによると、
2001年6月14日(木)に生地を染める事から始めている。
帆布を淡いグリーン、パープル、レッド、ブルーに染めたって。

6月15日にはプリント色彩計画。
淡く染めたブルーの生地に、シルクスクリーンでプリント。
モチーフは「円」面と線。

1.同系色。
2.明と暗。
3.締めの色→シルバー

締めの〜なんて食事のような。
最初はこんな感じで、
生地を染めてプリントしてツッチーに渡して帽子にしてもらった。

やり方はいろいろ変わりましたが、10月の2020ss発表会で67回目。
100回まで2/3の所まできてしまった。

21世紀になってからの変化と同様、我等も変化。
これまでのカタログを一気に見たが変遷ってあるもんだね。
テクニック的な部分、意識の変化、テクノロジーの変化。

なんかの局面で何かしら変わらなければならないタイミングが訪れる。
「試練」
新しい元号に変わったからか、周りの状況もどんどん変化している。
我等も変わらざるをえないというか。
考え方次第で「希望」に変わったりするから不思議。
いい結果になるかは神のみぞ知る。

企画していて、
「これは本当に自分が作らなければならないのか?」
と思ったら没にしている。

自分でおっ始めたブランドなので、
「今、これが作りたい。」
の精神で今後もやっていきたいと思います◎

8回も「変」を使ってしまった。





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL