テレピン


自分が油絵を見ると落ち着く理由の一つとして、

「香り」

内容よりも「香り」

一先ず、テレピン油を買いました。

テレピン油は油絵の具を溶くのに使用される。

松の樹脂から作られているので、

その香りに鼻がツンとくる感じ。

落ち着く。

花粉性に効くんじゃないかな〜という雰囲気。

うーん確かに好きな香りなんだけど、もの足りない。

絵の具の香りとかも合わさって...なんだろうな。

で、このまま理想の香りを追求して辿り着いたとして、

どうするんだろ?

そのまま油絵かくか?

帽子に塗るか?

いっその事「油絵」という名の香水をつくるか。

やっぱ「テレピン」か。

きっといつの日か、そーいった仕事あると思う。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL