これでいいのか



早いな、今年。

年末って、なんか「しるし」みたいなのを欲しがる傾向。


先日、早起きして青山にランチを食べに行ったときのこと。

※10時起きの事→ランチを食いたければ早起きをしなければならない。

昔からある表参道のコンテンポラリーアートのギャラリーの前を通りかかったら、

移転のお知らせ。

そして「移転SALE」の文字。

「ちょっと、見ますか?」「見ましょう。」

久しぶりに入るそのギャラリー、

店内は、ずらりとアートレジェンドの展示のお知らせ・場所・日時が記されたポスター、

作品達、アートブックとか一目見てお宝満載。

この20年の間で何度か行ったけど、店主と初めて言葉を交わす。

気難しそうな人なのに、その日は愛想が良い。

「値段は聞いてくれ」

いくつか気になったのを聞いてみることにする。

「じゃあ、このサルの作品」

店主「エドゥアルド・パオロッツィの版画、¥▽□○」

「えぇ!!!あのコラージュのレジェンド?いくら本を探しても見つからないあの?

パオロッツィ!?がここにある。。」

しまった。。。食いついてしまった。

しかも、がんばれば買える。

店主ニヤリ思うつぼ、だ。

「じゃぁ、このボイスのポスター、サインまで入ってる。」

店主「¥□×●」

はぁ?めちゃカッコいいぞ。しかも激安だ。。

「じゃぁ、、これは?」

店主「ピータービアードの助手の作品、¥△△◎。」

「かぁ〜やっぱピーター・ビアードだ!

でもなんかモチーフが違うよね〜って言ってたんすよ。

助手か〜それで!なるほど」

もうだめだ、2匹目が釣られた。


「えぇ〜とあの額に入ったのは?」

店主「●●●のステンシルとかペイントの作品、¥□□▽」

はぁ〜ポスターでも版画でもなく、ペイント作品が予算内。

店主「このシリーズ、ホンマタ●シ」も買ったよ。「あと市●姉妹。女優の」

あ、あぁ〜。。上記の人物は悪くはないけど。。

この流れは思い出す。

昔、セレクトショップで、ものすごく欲しいブーツが売っていて。
なけなしの金をかき集め、握りしめてショップに向い。
最後に試着して買うだけだったんだけど、
試着しながら店員の言った言葉「コロ●ケさんも買ったんですよ」
もちろん、あんなに欲しかったのに、どーでもよくなった。
一瞬で魔法が解けた。
コロ●ケの芸は好きです。けどそれとこれは別。


今回は流せた。


はっ!!!

それよりも、いつの間にか「予算内」が出現。

通りすがりに始めから予算などないだろ。

完全に「しるし」を欲しがるモード。

このモードは大概、相方が正気モードで止める。

相方「どーしよう、どれにしよう?」

違った、相方は完全に「どれかにするぞ」モードだった。


(A)「サルの作品」は、オレに譲歩した場合。
(B)ボイスは、昔から好きであるという位置づけ。
(C)ビアード助手は激安。
(D)最後の作品は、よくし知らないけど作品がいい。

といったところだ。



店主「悩むのが、また楽しいんだよね?」


まぁ買った。

どれを買ったかって、まぁいいだろ。

全部欲しかったけど。

買った作品の事を話しているうちに、次のやるべき事が見つかった。

これでいいのだ。

と、これで終わりたいとこだが続きがある。

次の日、行きつけの近所の古本屋へ寄った。

そこの古本屋を知ってもう15年は経つ。

通い始めたのは、ここ5年程か。

何せ店主とは「合う」のだ。

古本屋は大体、本棚に詰め込まれた本の背表紙とにらめっこなんだけど、

たまに「店主の最近のオレブーム」の本が平置き、全表紙で置かれている。

1ジャンル・1平置き。

その平置き本が、非常に私が求めている何か・ヒントのようなものである事が多い。

その日、平置きになっていた本に4冊も前日のギャラリーで気になった作品由来の本だった。

(D)由来の本→フランス雑誌「P」
(C)由来の本→ピータービアード作品集
(B)由来の本→ヨーゼフ・ボイス作品集
(D)由来の本→そのシリーズを買ったというホンマタ●シの写真集

4カード。。

あんた、プロだな。

こーなるとこれは何かの啓示だ。

全肯定だ。

これでいいのだ。

人と人が関わる中で、皆それぞれの律で生きていて、

それぞれの周期、スピードがあるにも関わらず、ある1点で出会う瞬間があるということ。

あるときはあるんだな〜

と、「なかなかやるな」

と心でつぶやき店を後にした。

買わねぇのかよ、と店主は思ったかどうかは知らないけど。

私は一度もその店主と会話をしたことがない。

合うのに。

いや会話って、そもそも合わないから必要なのか。




art moi



9月。

夏は過ぎ去った。

確かに空は高い。

だが、東京暑い。

ムシムシする。

蝉も鳴いている。

夏の総決算。

この夏は外での植物の育て方が少しつかめた。

水やり。

害虫駆除。

虫って見ようとしないと見えないもんで、

ふとしたきっかけで見えるようになり〜

オリーブの木が気がつくと「スズメ蛾」の幼虫に占領されていた時は引いた。

画像検索すると出てくるが、完全に「閲覧注意」だ。

駆除ってのは宗教的にどうよ、と思ったけど。

正直、日々「アート」程に熱心に学んでいる事も無く、

外国人に「君の宗教はなんだ?」と問われたら、

「俺の宗教はアートなんだぜ」と答えることだろう。


あとは、当たり前にやっていたことに疑問を持つ。

この夏、見事改訂したのは「鼻のかみ方」。

急に「俺の鼻のかみ方これでいいんかい?」と疑問に。

ま、これは特に詳細は〜いいや。

「一つ一つの見直し」まだまだ直すぜ。


あとは、いつも目にする「moi」という近所の看板。

6年見続けているが、急に意味が気になって。

調べてみたらフィンランド語で「やぁ!」

フランス語で「私」

おそらくフィンランド語かな。

ついでだが、フランス語でのアートを調べたら、同じく「art」でした。

「art moi」→「私 アート」

モットーみたいでいいかもしんない。

そして、気がついたのだが。

この「art moi」を並べ替えると、


「m・a・t・o・r....」


信じるか信じないかは、あなた次第です!




幻の15年 MIFUNE & KROFUNE



8月1日でMIFUNEが15周年、KROFUNEが10周年を迎えました。

支えて頂いた皆様には本当に感謝しております。

とにかくコレクションの道のり「幻の15年」を振り返えってみましょうか。

実は記録に残らないコレクション「0」が存在するのだけど。

そのコレクション「0」を手持ちで原宿のお店に営業に行って取引きが決定した時は、

「とにかく最高」な気分でした。

帰り道は一気に見える景色が変わったってもんです。


そして現在、MIFUNEが40回・KROFUNEが21回の新作発表をしております。


以下 「発表年・季節・コレクションのタイトル」を記載してみました。


年代順に文字を打ち込みながら この時こんなだったなとか いろいろ思い出すもんですね。

MIFUNEというブランド名は「言葉の響き」で決めました。

今更ながら美しい響きだな と思うわけ。

だから コレクションのタイトルも毎回この「響き」も意識していて、

テーマは割と早い時期に決まり作り始められるのだけど、

タイトルは納得いく言葉を見つけ出すのにギリギリまでねばったりとか。

何かモノが出来上がって決まる事もあるし。

一つ一つに物語があり そこに生きる我々の「気分」が表現されているのだと思う。

全てのタイトルから何かしらの関係性はまだわからないけど、

終わりのない物語。


最初のコレクションから「帽子とオリジナルプリント」

アイテムは増えたけど 基本的な部分は変わっていない。

いったい15年という歳月を使って何を得たのだろうか?

帽子でどうしたら圧倒的な差異を生み出せるとか。

デザイン画で?寸法で?生地で?塊で?言葉で?

骨格を得る道のりの長さとか。

ビジュアルを纏うとか。

当初の目的は面白い柄を作る事だったとか。

社交とか。

知性とか。

黒の持つ意味の多さとか。

黒い色の多さとか。

明るい黒/暗い黒/黄色い黒/赤い黒/青い黒/黒い光線

まだまだやりたいことがある。

どうか今後ともMIFUNE & KROFUNEを宜しくお願い致します◎



「幻の15年」




MIFUNE

2002 Winter [debut MIFUNE] vol.1

2003 Spring [CANDY] vol.2

2003 Summer [no title] vol.3

2003 Autumn [Gray] vol.4

2003 Winter [The Velvet Winter?] vol.5

2004 Spring [gamble beat Singapore souvenirs] vol.6

2004 Summer [empire of creatures] vol.7

2004 Autumn [Seta-Euro, and MONO] vol.8

2004 Winter [Wide Screen Baroque] vol.9

2005 Spring [Cose now, I'm just a case of INSANITY.] vol.10

2005 Summer [COVER] vol.11

2005 Autumn [THE AGE OF COSMIC NONSENCE,] vol.12

2005 Winter [STAR] vol.13

2006 Spring [white ROOM] vol.14

2006 Summer [Notes on CAMp,] vol.15

2006 Autumn [MidNight sunShine] vol.16

2006 Winter [Galaxy bonbon] vol.17

2007 Spring [DOUBLE PERSONALITY POOL] vol.18

2007 Summer [電光石火に銀のクツ] vol.19

2007 A/W [Mid Pirates] vol.20

2008 S/S [spank & boredom] vol.21

2008 A/W [NOISY SENSE] vol.22

2009 S/S [illusion] vol.23

2009 A/W [SUPER PLANet] vol.24

2010 S/S [Do it] vol.25

2010 A/W [ PRIMITIVE CHURCH ] N0.26

2011 S/S [ My Sweet Red Diamonds 赤いダイヤ ] vol.27

2011 A/W [ Cendrillon ] vol.28

2012 S/S [ P ] vol.29

2012 A/W [ R&R ] vol.30

2013 S/S [ LSD ] vol.31

2013 A/W [ The Deep, ] vol.32

2014 S/S [ Sleep walker ] vol.33

2014 A/W [ RICH & STRANGE ] vol.34

2015 S/S [ It's a small world ] vol.35

2015 A/W [ Rive gauche ] vol.36

2016 S/S [ no.37 ] vol.37

2016 A/W [ CHAMELEON ] vol.38

2017 S/S [ VIVA LA VIDA ] vol.39

2017 A/W [ Marrakech ] vol.40


……………………………………………

KROFUNE

2007 A/W [ debut KROFUNE ] vol.1

2008 S/S [ 黒い透明 ] vol.2

2008 A/W [ BLACK Emperor ] vol.3

2009 S/S [ 白い暴動 ] vol.4

2009 A/W [ TOKYO BLACK ] vol.5

2010 S/S [ Dot it BLACK] vol.6

2010 A/W [ BLACK ICE ] vol.7

2011 S/S [ BK VIBGYOR ] vol.8

2011 A/W [ THEE BLACK ANGEL'S DEAD SONG ] vol.9

2012 S/S [ brilliant DARKNESS ] vol.10

2012 A/W [Starless & Bible Black ] vol.11

2013 S/S [ 黒闇 kuroyami ] vol.12

2013 A/W [ Back to Black ] vol.13

2014 S/S [ The monochromatic ] vol.14

2014 A/W [ BLACK MARKET CLASH ] vol.15

2015 S/S [ Black Lily ] vol.16

2015 A/W [ noir/noire ] vol.17

2016 S/S [ no.18 ] vol.18

2016 A/W [ BLACK MUSEUM ] vol.19

2017 S/S vol.20 [ Memento mori ] vol.20

2017 A/W [ KASBAH ] vol.21